タグ ‘ 成田良悟

BLEACH Spirits Are Forever With You

BLEACH Spirits Are Forever With You I・II  原案・イラスト:久保帯人 本文:成田良悟 (JUMP J BOOKS)

BLEACH Spirits Are Forever With You Ⅰ (JUMP J  BOOKS) (JUMP j BOOKS) BLEACH Spirits Are Forever With You II (JUMP J BOOKS) 発行年月:2012.06
ISBN: 978-4-08-703265-9 / 978-4-08-703266-6

成田ァァァァァ! 檜佐木とイヅル出すの忘れてるよォォォ! 会話の中では出てきたけどォォォ! (十一番隊以外も出せというのか) ナマ言ってすみませんでした水色で始まってめちゃくちゃ幸せだったよぉォォォ!

剣八が襲名制だったのも平子たちが隊長復帰してるのも知らなくてすみませんでしたあぁぁぁぁ! 「バッカーノ!」のアニメが始まる前に放映されてたアニメは全部見たんですけどぉォォォ! 卯ノ花隊長の斬魄刀とかも知らん気がするなあ。あと藍染がどうなったとか一護がどうなったとかは知ってましたけどあとは漫画を読んだこともなくさっぱりだったので、カタカナで認識してたものがいろいろ漢字表記されてて面白かったです。これ、一旦全部辞書登録してしまうまで執筆大変そうだなあ。GoogleIMEさんでは藍染すら出ませんもの。でも檜佐木は出る不思議。

内容はな、いつもの成田だったよー。最後に収束するよ。もうちょっと織姫とか女の子メンツも関わってくるのかなあと思ったけど、余計に分厚くなっちゃうのでいいです! ヒーローがいればいいです! この人はあの物語のあの人寄りの感じで、と分類していくとBLEACHを知らない人でも覚えやすくていいんでないかと思います。成田もBLEACHも知らん人は、読まないよな?
ロカが見た京楽隊長と刳屋敷っていつの話なん……

登場人物相関図さ! イヅルとか檜佐木とか乱菊さんとかいらんから十二番隊の人たちのビジュアルが欲しかったな! 十一番隊はなんとなく思い出せるんだけど十二番隊のビジュアルが分かりそうでわからなくてちょっとモヤモヤしてたんですよ。

下巻にミエミエ(アニメイトでつけてくれる透明のブックカバー)を装着しようとしたら、厚みで粘着部分が接着部分に届かないんでやんの。京極か! セロハンテープで貼ったけどさあー。これ文庫やったら背面割れるサイズやで、上中下巻分冊でよかったんでないの。(講談社目線で語るな)

あと、装丁が背表紙も含め地味に凸面加工で羨ましい。ロゴのデザインもいい感じに抜け落ちていく感じがかっこいい。
シャーペンマニアとしては地獄編のCMで師匠がDr.GRIP使ってたのにビックリしたので、今回の本文イラストもドクグリで書いたのかなとか妄想しまくりんぐ。イラスト描く人でドクグリ使ってる人初めて見た!

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

バッカーノ! 1934完結編 Peter Pan In Chains 成田良悟

バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains 作:成田良悟 イラスト:エナミカツミ (電撃文庫)

バッカーノ!1934 完結編 ISBN : 4-8402-3805-7 発行年月 : 2007.4

厚いよ!
いや思ったけどさ、1冊で本当に完結するのかってさ。終わったよ。あー、はまったはまった。ピースが全部。いや、やっぱり気持ちいいね、誰が誰だかわからないと探し回る羽目になるけど。1ページ目から「レイルって死んだっけ?!」と探し回ったよこの野郎。程よく間が開いてたからなぁ。って針山さんまだ読んでないんだけどっ!
ああ、こっちは読んだ直後ぐらいに更新してますよ。つ人物表五十音順

で、完全にシカゴとアルカトラズで話が終わってしまってるのでNY組は完全置いてけぼりっていうか。あと、完全な黒幕がいるから爽快感が殺がれてるのもあるかな。いやでも「黒幕の思惑とは全然違う方向に事態が転がっていく」ってのは無印から変わってないはずなんだけどな。
バカップルベタだよバカップル。ああ、ラッドでも悩むことあんだなー。いや、超オクテの印象しかないフィーロにラブコメ要員が現れるとは思わなんだ! ネブラの会長関西弁やん。うおおおおおなんかマシンガントーク分が足りない。(自分もまったりしゃべるくせにー)

ドルチェの老夫婦にもぜひ名前がほしい感じなんだが。ステキだよご主人。後片付け不良組サイコー。
あと、「天の声」って何者かねぇ。

いつもどおりでした! レイルが悩んでました。ベリアム議員のファーストネームが変わってました! どうしようねぇ。

あとエルマー&ヒューイ&あの先生の冒険編1705超読みたい。年齢差からいくと先生の方が先に不死者になってないとおかしいのか? それとも不死者になる前から外見がめちゃくちゃ若いだけとか?
いやNYも読みたいけど! ラスボスも2002まで出てこないのかよ! 今年はバッカーノがんばるぜー。(アンタががんばってどうする)

他刊の感想
1931鈍行編 1931特急編 1932 2001 1933<上> 1933<下> 1934獄中編 1934娑婆編 1934完結編

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

撲殺天使ドクロちゃんです おかゆまさきほか

撲殺天使ドクロちゃんです

撲殺天使ドクロちゃんです  ISBN : 4-8402-3443-4 発行年月 : 2006.6

いや、魔が差してみました。
ネコのおと読む前にやっぱこっち読んどかんといかん? みたいな。
文庫は読んだことないけどザンスとかサバトちゃんとかザクロちゃんの設定は知ってるから多分大丈夫! 木工ボンド部も名前だけは知ってるから大丈夫! なにその妙にピンポイントな知識。
なんかやたら読むのに時間かかったよ? 無理してまで読むもんでもないような気がするけど。

高橋弥七郎の場合
おおすげえ、燃えとる!

築地俊彦の場合
なんでこの人いるのん? (駒都えーじつながりじゃね?)いや、CLAMPとか渡辺明夫とか氷川へきるとかも十分「何つながり?」と思うけど。なぜ若月神無とかしゃあがいて有沢まみずとか五十嵐雄策がいないんだろうとか思うけど。いとうのいぢがいるならエナミカツミとか黒星紅白とか呼ぼうよとか思うけどっ! (きっとスケジュールとかいろいろあるんだよ)

鎌池和馬の場合
法則頭脳戦? (戦ってねぇよ) いやー、そのフラグまで駄にするか。

ハセガワケイスケの場合
うわー。すげー。アンニュイですよアンニュイ。ポエミーですよ。
せめて改行ぐらいプロローグ・エピローグになじませる努力はしようよ!

谷川流の場合
どこまで本気ですか? (笑
なんでもメタにしようとすれば出来るもんだ。

水島努の場合
うわー、谷川さんもええ加減無茶しよるで、と思ったけどさらに暴走しとりますな。この印刷、どういう指示が出たのか興味があります。

成田良悟の場合
ある意味いつもどおりだ。だからどれだけ締め切りギリギリなんだと(以下略
ちなみに前から読まずにここから読み始めたので台無しでした。(だめじゃん)

時雨沢恵一の場合
ああなんだ、小ネタ満載だねっ。
ちなみに地の文が4行しかありません。

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

バッカーノ! 1934娑婆編 Alice In Jails 成田良悟

バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails 作:成田良悟 イラスト:エナミカツミ (電撃文庫)

バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails (電撃文庫)ISBN : 4-8402-3636-4 発行年月 : 2006.12

ネタバレではありますが叫ばせていただきましょう! 1934終わってねー! やられた! してやられた! 表紙絵まで使った壮大な罠だったとは! いや、途中から終わりそうにない気配は嗅ぎ取ってたけどな……うん。いつバカップルが出てくるんだろうってさ……どんどん残りページ数がなくなっていってさ……複線はどんどん増えてってさ……そうか、前編が2つの視点で語られたんだな……しかも完結編の前に針山さんが先に出るって……まあいいや。

さて、やっぱり新登場人物盛りだくさんなんですよ! ラミアのみなさんですね! やっぱり変な人ばっかりです。カポエラ姐さんとか。ルネも部下に総突っ込まれだし。しかしアレか、白衣の女医はメガネドジっ娘なのが流行ってるのか? (それはどうだろう) 田九郎斬九郎は後付っぽいけど笑ったのでよい。そして登場人物表でミスリードがあるね……いいけどさ。

副社長が気になりますね、別口の錬金術師? 調べてみたら千年伯爵のモデルなんだなー。ロニーとの関係は? そして姿の見えない社長がより気になりますよ……もうどんなヤツが出てきても驚かないぞっ!

クリストファーが人間らしくみえるのはアレか。いいよね、ないものねだり。グラハムと壮大にけんかしてくれるとうれしいんだけどな!
章題は「的外れジャストミート」がえらい好き。
「不思議の国のアリス」も読み直したくなってくるからあら不思議。(それは由貴香織里ファンのときに済ませておくべきだったね)

アニメ化だとー! アニプレックスだとー! 主題歌誰だー! (まずそこか) 暴欲団かー! (それはデュラに取っとけ)(あれ? 越佐だっけ? ヤスダさんの日記漁ったけど見つからなかった……誰だっけ、Mステに出たことのある越佐のテーマ曲とかいって成田さんがカラオケで歌ったパンクバンド)
内容は無印っぽいのに、帯にもフィーロがいるのに、公式サイトトップ絵は1931のだからフィーロいないんだよー! ひどいよー。いいよ、ジャグジーも大好きだからっ! しかしどこからどこまでやるんだヤク中や日本刀がでてくるなら1932までは確実か……何クールなんだ……むしろTV放送はあるのか……ああ、いくつかの叙述トリックは台無しになるけど、CDキャストとは変更されるだろうけど、やっぱ期待しますよ! CDよりは向いてるメディアだと思うから。CDだって大好きだけどな! いやでもやっぱ三つ巴食堂車突入はアニメでも再現が難しそうですよ。うーむ、やっぱり映画が一番合ってるのかなー? あ、実写にしたところで三つ巴(以下略)は再現難しいでしょう。いやいや、でもやっぱり1930年代のアメリカを思い通りに再現できるのはアニメでしょう! 雰囲気だけでも楽しみたいし! ありがとう、おめでとう、成田さん!

他刊の感想
1931鈍行編 1931特急編 1932 2001 1933<上> 1933<下> 1934獄中編 1934娑婆編 1934完結編

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

バッカーノ! 1934獄中編 Alice in Jails 成田良悟

バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails 作:成田良悟 イラスト:エナミカツミ (電撃文庫)

バッカーノ!1934 獄中編 ISBN : 4-8402-3585-6 発行年月 : 2006.10

そうかそうかそうきたか。よもや予告にまでトラップが仕掛けてあるとはね。うん、なんか足りないなとは思ってたんだ。気づいてはいたんだよぅ! (負け惜しみ)ああ、ごっそり伏せられてるところが気になりますよ。とりあえずいつなんだ。娑婆編で明らかになるの? (ラッドのアレが明らかになるみたいだから大丈夫じゃないの?)

名前だけは知られていたけど新キャラヴィクターが実にバカでよろしい。仮にも副部長がこれでいいのか。だからいいのか。誰だ雇ったやつ。(笑)
そしてロニーさんが「インパクトを大事にしよう」って言ってたのが笑える。確かにインパクトはなかったよ……キメ台詞がキマってはいたんだけどね。
名前だけ相関図に出てきていたルネさんも、マッドサイエンティストでよろしい。

予定外なのにしっかり核心に迫ってるアイザックはもとより健気なミリアにホロリとくるね。いやでも、最後の身を突っ込んでいく様はすばらしかった。お前らどんだけ事件遭遇率高いんだよと。

起こっていることは派手なのに、どうにも人物周りの出来事は地味ですなぁ。ネタフリ部分ですから仕方ありませんか。ミリオネア・ロウ組とかロニーさんとかアルカトラズ組とかフェリックスさんとかいろいろ気になりますよ。錬金術の表記が違ってるのもなんか分けありですか? てか手書き入力でも出ないんですけどこの字。
でも1933上よりは消化できました。わくわくしますよ! しっかしシカゴ期待です。なんだよ、ネブラの本拠地だったのかよ。ベル街はないですかそうですか(あるわけないです) バッカーノの世界が楽しめそうです。

他刊の感想
1931鈍行編 1931特急編 1932 2001 1933<上> 1933<下> 1934獄中編 1934娑婆編 1934完結編

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

デュラララ!!×3 成田良悟

デュラララ!!×3 作:成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト (電撃文庫)

デュラララ!!×3 (電撃文庫) ISBN : 4-8402-3516-3 発行年月 : 2006.8

ダラーズサイトもあんまり前フリなかったし、よくわかるあらすじもなかったし、なんだか盛り上がらないなぁ、と思っていたのになんですかこのボリュームは。(笑) その中身はいつもどおりの愛なのです! 紀田の過去とか! ゆまっちの2次元へのとか! (人間としてどうかとかは置いといて) セルティたちのバカップル化もどんどん進んでおりますがそれを引き裂く? 新羅の父+α登場。またしても予想不可能でした……この夏にゃ暑いだろがそのカッコ! (作中は3月です)

で。……やっぱり太郎なんにもしてねぇorz 影薄いまんま「帝人と紀田と杏里の3人の話」終わりにされちゃったよ! いや、セルティが主人公になったって出張ってくると思うけどね! かどち、じゃなくてドタちんたちは今回も大活躍。多分ずっと大活躍。
でも今回のメインは紀田。そんなにケンカ強いと思わんかった。本当に「戻ってきて」ほしいなぁ。法螺田とか気づけよ! と思うんですよ。ブルースクエアか。IWGPはGボーイズが青かったっけ? しかし、静雄の紀田に対する誤解は解けたんでしょうか……放置だったらおそろしい。
今回人外は交機ですかね。人外をビビらせちゃってますし。かっこいいよー。臨也もある意味人外ですが因果応報。既出の脇役もいい仕事してます。さらりと書いてある葛原一族もインパクト充分です。そりゃ故郷捨てたくなるかも。

でさぁ、臨也って罪歌じゃなかったの。前回の扉絵と今回のピンナップ交換しよーよ。
あとクロスワードの画家は一般の話? それともカルナルド・シュトラスブルクみたいに成田キャラ? あー気になる。
しかし、学園キノもそうだけどデュラのネタを楽しむためには私の頭の中のデータベースの数が足りない気がすんだよな……。ええい、手っ取り早くオタク知識が倍増する方法はないものか! (そんなものあったら誰も苦労しません)

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

がるぐる! Dancing Beast Night<下> 成田良悟

がるぐる!―Dancing beast night (下) 作:成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト (電撃文庫)

がるぐる!〈下〉―Dancing Beast Night (電撃文庫) ISBN : 4-8402-3431-0 発行年月 : 2006.5

男連中が熱い!

熱くて厚い下巻。まさにオールスター。みなさんの狂い具合がよろしいですよ。なんか越佐大橋まだまだ続きそうな予感ですよ? 短編やるみたいだし。その予告が異様に面白そうで期待。終わらせるのはもったいないよ。うん。ギータルリンとか大人含め。

伏線の張り方と回収は改めてすごいなぁと。どんでん返しが今回も決まっております。ジョップリンの目的(?)とか明らかになった秘密も感心。でも最近の成田作品は読んだあと「盛り上がりの頂点がいいところに来てない」といつも思うんですよ。上巻を貸しちゃってて手元になくて読み返せなかったからかもしれないんだけど。

今回のイラスト挿入タイミングはそんなに神じゃなかったなぁ。というか、ネタバレだろうがよぉ! 始まった直後に犬片割れに死なれたらどうしようかと思ったよ。
そのかわりなんかLOVEが多かったよなー熱い。
しっかし、戌井の言ったとおり犬二人が超脇役なのはタイトルからしてもどうなん? その点では肩透かしを食らった印象が。上巻からもそんな予感はしてたんだけどね。狗木の悟りきった態度もしっくりこない。香奈枝の実家妹云々が上手く繋がらなかった。
つか、ジョップリンのラッツはどんな精神構造してんだ? まさかネジロの指示があったわけでもなかろうに。

一番カッコよかったのは不意を衝かれたブタかな。虹彩見切った姉もすごいと思うけど。意外にいろいろわかってるドジっ子ってステレオタイプだけどいいねー。自分のことは狂ってると思ってるのかな。

平和さんに先を越されないうちに章題元ネタ解析ッ! あとで本サイトに移植予定。
暗躍飢寒→暗躍機関? (ONE PIECE)
狼・オブ・ザ・ウエスト→Law of the West 西部の掟(ファミコンゲーム) ソフマップ
軽探偵再登場→名探偵再登場(映画)アマゾン
東源郷→桃源郷
爬狼警報→波浪警報
テイゾク→ケイゾク (テレビドラマ) TBS Drama Archive
ぶるぶる→ぶるぶる(妖怪)
マーシャル・狼→マーシャル・ロー(映画)
シャーロット・リバプール迷子の冒険→迷探偵シャーロック・ホームズ最後の冒険(映画) allcinema ONLINE
バネ足(電波)ジャック→電波ジャック (そのまま?)
GIRL&GHOUL→私の力ではわかりませんでした。BOY&GIRLの変形?

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

がるぐる! Dancing Beast Night<上> 成田良悟

がるぐる!〈上〉 作:成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト (電撃文庫)

がるぐる!〈上〉 (電撃文庫)

表紙は女の子ばっかりだけど、中身は熱い男たちのドラマです。たぶん。
またっつーかなんつーか、引き。丸ごと予告編見せられたような感覚。期待は十二分にしますが、全体的な感想は下巻読み終わってから書きたいところですね。しかし、新登場人物や今まで出てきている人物総出演、最後に帰ってきたあの二人もドでかいことやってくれそうな気満々です。

今回の主役級は八雲ですかね。そんなヴィジュアル系だとは思いませんでしたよ。運動神経いいんだなぁ。そりゃ一日に複数人殺すには必要か。頭の回転も必要か。正常だと思い込みたい殺人鬼ってどこまでも成田っぽいキャラだと思う。

海賊本にちょっと顔を出してた探偵姉弟もインパクト十分です。第二のバカップルな癒し系になってはくれないでしょうか。(弟の苦労は絶えなそうだけどね) にしてもあれだ、松田優作のネタとかさっぱりわかんないのか悔しいわ。西部警察ってそこから考えて何年前のネタなんだよ! 裕次郎だぜ。みたことないよ!

名前だけ出てきてたあいつの正体みたいなものは、そうきたか、と思ったよ。複数の観測人ね、それってデュラとちょっと被っちゃったりしないのかな。あっちは主体じゃないから大丈夫?

八雲と探偵姉弟、葛原と金島、犬二人、東区画と西区画、まだ全然繋がってないためにどういう縦糸横糸になるかがすごい楽しみ。予告編みたいな見開きページに書かれた会話の断片が大体誰が話しているのかわかるのもさすがですね。にしてもコレ、一巻で収まるのかな。成田さんはまだ書いてる途中みたいだから、そのうち三巻構成になってたりしたらどうしよう。

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

世界の中心、針山さん 成田良悟

世界の中心、針山さん 作:成田良悟 イラスト:ヤスダスズヒト・エナミカツミ (電撃文庫)

世界の中心、針山さん (電撃文庫)

成田作品初の「!」なしタイトル本。そしてダブルイラストレーター! 表紙がヤスダさんで口絵がエナミさん。扉はそれぞれの女の子1人ずつ。
そして中身は短編連作。それぞれのジャンル別奇妙な事件の周辺に、気付けばいつもいる「針山真吉」。でも本人は全然主人公でもなんでもない一般人。で、最後の書き下ろしで3つの話の登場人物が登場し、いつもの群像劇になります。ジャンルは「リレー」。なんじゃそりゃ。

としれじぇ(ジャンル:都市伝説)はhpで立ち読みしたんですけど、アレもかかわってたなんて気付かなんだわ。立ち読みだったからわけがわからなくてねー。鈍行特急的変則構成だったんですが、SideAとSideBの連結点を見失ったの。隣のアパートっていうのも読み落としてました。(全然ダメじゃん) 納得できたよ。仕掛け凝ってたんだなー。 

その他のジャンルも成田らしくぶっ飛んでます。一番ヘンなのは「魔女っ娘」か? 思い込みの激しい囚人だもんよ。なんか人情風味だしさ。「銀島さん強!」と思うけど未収録の雑魚戦闘員はもっと強いという噂が……マジで? 伝説の勇者は変則バトロワだし。

えーっと、成田初のバッドエンドもあったハズなんですけど……アレ?
もうなに出されてもビックリしないよ……多分。いつまでも「またやられた!」って感心はするけど。

でもあれだ、一番苦労したのは作家・絵師×2の生み出したものを一つの本にまとめたデザインの鎌部さんだろうなぁ。結果竹槍パンダは切れてしまいましたが。見てみたいよパンダ! 次はいつ出るかなぁ、針山さん。

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

ヴぁんぷ!III 成田良悟

ヴぁんぷ! (3) 作:成田良悟 イラスト:エナミカツミ (電撃文庫)

ヴぁんぷ!〈3〉 (電撃文庫)

いやー、久々にすかっとした。もうちょい組織の面々に活躍してほしかったような気がしますけども。全員出てこなかったもんな。カルナル祭の詳細も知りたかったけどまあいいやっ! 濃い人物いっぱいで、構成もドキドキさせてもらったしねー。

一応ハッピーエンドだけどルーディーが最強に不幸だな。
伏線消化がどうなるか楽しみですよー。かなりばら撒きましたね?

カルジミールがいい味出してるね。市長と並ぶ小物っぷりだね! 部下っつーか同僚に舐めきられてるっぽいのがスバラシイ。子爵も戻ったことだしどうなるもんでしょうかねぇ。イエローの突っ込みももう観られないのか?

博士と教授の愛もいいんですけどねー。どうも回りに押されて薄味のような。
子爵のフィアンセもいいボケっぷりで。前巻の印象じゃどんな実力者かと思ったのに。

そして名も冠せられない元・市長の子分たち。ドロップキック食らわせてから焦りだすところなんて最高っ!密かに思ってるつもりで全然密かになってないピリエちゃんもかわいい。

ヴァル君とセリムのLOVEもドキドキでー、守護神まで創生しちまいましたよ。
今度こそ最強の力をもった小物、市長メインの三つ巴の物語を! って予告過去編ばっかりかよ! 現在編も組織メインだし。いやでも期待してますけどねっ!

次はついにがるぐる! ですねぇ。やったー。
ハードディスク共々頑張ってください。

Facebook にシェア
Pocket
[`friendfeed` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

about

ライトノベルを中心に、ぐだぐだとバカなコメントを書きます。やってるときは燃え多め。

アーカイブ

profile